横浜でのキリスト教葬儀を行った喪主様の体験談。

母のクリスチャン葬送を、ご令嬢からご要請受けました。

85才であられる母上は、ほぼ四十年前にアメリカの長老派教会で牧師から洗礼を受けたそうです。

けど、帰国後はジャパンの教会組織に馴染めず、さほどチャペルに通うことは多くなかったようです。

容体を崩して病室に入ってから、最期はキリスト教式でやってもらいたいと告げられ、娘さまが決めたとおっしゃっていました。
 

お父様のためのキリスト教葬儀|横浜市

父親のクリスチャン葬礼を、御令息よりご希望いただきました。

ご高齢で召天されたため、親しい友人はだいぶ前に召天されているという事情のため、遺族や親族のみでのクリスチャン葬祭をご要望くださいました。

ご本人もご一家も、地域の教会には属していないようですが、救い主イエス様への信仰はあり、ご家庭にてお身内と心を合わせて賛美を行うことが何度もあったそうです。

お父様が信仰を抱いてご逝去されたということで、お子様たちはつらさはありながらも、神さまの御許に導かれたということを信じて委ねているようでした。