横浜でのキリスト教葬儀葬儀社 (クリスチャンの告別式や火葬式)。

当サイト「横浜キリスト教葬儀ガイド」は、キリスト教会の現役の牧師や、キリスト教専門の葬儀社、牧師派遣会社の代表などが共同で運営をしております。

横浜キリスト教葬儀を行いたいと希望されている方が、しっかりとキリスト教式で葬送の儀式を行えるように真心を込めてサポートさせていただくことを目的としております。
 

教会に所属している方はもちろん、事情があって所属教会がない方、あるいは洗礼を受けていない未信者の方であっても、ぜひご依頼下さい。

牧師派遣を依頼される場合には、キリスト教会の本物の牧師が司式をご対応いたします。

葬儀業務の場合は、複数の提携会社の中から、当日ご対応できるキリスト教専門葬儀社が担当させていただきます。
 

キリスト教葬送窓口受付の直葬は半通夜を省きます。順序はシンプルながらも、奉仕者が隣人愛の精神で用意します。まずはクリスチャン葬送相談センターに電話してください。お亡くなりになられた敷地に寝台車で運びに伺います。次に、親族の皆さまと棺に納めることをします。儀式場に移って、召天者を告別します。司式者がご家族を道案内します。故人の生かされた日々に感謝しながら、祈りを捧げる時を持ちます。神父がふさわしい聖典のことばをメッセージします。亡き人をお見送りして、思い出を語ります。

E-メール:christianity01yokohama@yahoo.co.jp

クリスチャンメモリアル礼拝支援センターの一日での葬儀は、会食のプランを用意します。家庭での告別式は、お通夜と葬儀式を開催します。しっかりとしたお花の装飾を制作して、親族と共に故人様をお送りします。聖職者はご親族と共にお葬式の場に赴きます。一般的な葬礼は職場の仲間や友人をご案内します。キリスト教信仰者の記念会で説教をする聖職者の紹介のみでも可能です。周辺の互助会に申請しているが、説教者は確かな宗教者にお願いしたい方へ。

プロのバイオリニストによる演奏。基督教葬送の主な必要経費は、司祭や奏楽者への御礼、建物利用金額、納骨堂などになります。葬儀屋さんは、遺体の輸送から式場の用意、記念会のアレンジまでみな担当します葬送の喪主は、メモリアル礼拝の全てをまとめ、必要経費を支払うという負担のかかる苦労があります。弔文機能は、扱いやすさが良いため、便利です。クリスチャン式場に葬儀を希望だが、僧舎の墓石に入れるのか?ほねを引っ越したいけど、値段が安い仕方は?基督教葬祭支援対応では、共同墓地のご案内や改葬もお手伝いさせていただきます。

キリスト教葬儀社:神愛セレモニー

会社名:神愛セレモニー
所在地:〒107-0061 東京都港区北青山2-7-20 ⅡInose 2F
電話 :0120-979-516
代表者:石山 隼
お見送りに必要なコストが高いので、節減したい。バブルの時には葬儀の値段に多額を払っても、近頃では変化した。葬祭業者の営業マンは、営利目的の会話で私たちの不幸に割り込んでくる。家族の経済性の様相や宗教事情に応じたお葬式をするには何をすればいいのか?。付加の葬送を不要の、総額の葬祭金額を認識するには?。会社案内を取り寄せて、書で必要経費を理解してください。御骨を改葬したい。お金が格安な手段は?追悼援助対応では、墓地の手配や納骨もご協力させていただきます。この国の追悼の式は、ものすごくお金が高額ということが有名です。

牧師派遣会社:ブレスユアホーム株式会社

会社名:ブレス・ユア・ホーム株式会社
所在地:〒658-0032 神戸市東灘区向洋町中1丁目4-123-1104
電話 :078-891-6540(FAX兼用)
代表者:広田 信也
キリスト教信仰者追悼の評判。お義母さんのための基督教追悼を住宅にて開催したい、とのご要望をご令息からいただきました。先に他界した旦那さまは忠実に教会に行っていて、母君も同伴して礼拝を捧げることも何度もあったようです。ご主人がご逝去されて、熱心にバイブルを学ぶようになったとおっしゃっていました。バプテスマを受けたわけではなく、宗教組織に属していたわけでもありませんが、母上のために本物の司祭が祈祷していただきたいというご希望を受け、住居にてクリスチャン告別式を行わせていただきました。
母君のためのキリスト教信仰者葬式を、お嬢様からご要請受けました。八十五才であられるお母様は、およそ四十年前にアメリカ合衆国で教会で洗礼を受けたそうです。しかし、帰国後は和の雰囲気の教会組織に馴染めず、頻繁に聖書勉強会へ参加することは無かったようです。体調を崩して入院してから、最期はキリスト教式で行って欲しいと言われ、ご長女様が親族で話し合って決めたとおっしゃられていました。
 
お父さんのクリスチャン葬儀を、ご令嬢よりご希望いただきました。九十五歳で亡くなったため、御兄弟はすでに他界しているため、家族オンリーでのキリスト教葬送をご希望くださいました。お父上もご遺族も、地域の教会組織には入っていないようですが、信仰はあり、ホームにてファミリーと一緒に賛美をすることがいくえにもおありだったとおしゃっていました。父君がイエスさまを信仰して他界されたということで、ファミリーは寂しさはありながらも、天国に召されたことを信じて安心しているご様子でした。
クリスチャン記念会相談対応の火葬は御通夜を省略します。中身はコンパクトですが、パスターが親身になって提供します。最初に基督教葬りサポート受付にお問い合わせください。死亡したエリアに車にて運搬に行きます。それから、遺族の皆さまと納棺を行います。火葬する場所に行って、逝去した方を告別します。パスターが御家族を道案内します。故人様の歩みに思いを巡らしながら、祈祷を捧げる時を持ちます。