横浜でのキリスト教火葬|費用や火葬場。

日本での埋葬方法は、ほとんどの場合は火葬をしてからの納骨となります。

横浜キリスト教葬儀ガイド」では、火葬式の葬儀社料金16万円という基本パッケージをご用意しております。

横浜でのキリスト教の火葬式の費用や葬儀社と火葬場。父が天に召されるのを信じてご逝去されたということで、ご家族は哀しみはありながらも、天の御国に召されたということを信じて委ねているご様子でした。キリスト教記念会電話センターの火葬だけの式は御通夜を省きます。中身は簡素ですが、宗教者が寄り添い対応します。最初に信奉者追悼増援窓口にお電話ください。死亡したエリアに運搬車で輸送に行きます。そして、関係者の皆様で棺に入れることをさせていただきます。斎場に行って、逝去した方をお見送りします。

横浜でのキリスト教の火葬式の費用や葬儀社のお見積り。司祭が御遺族を道案内します。召された方の生かされた日々に思いを巡らしながら、祈りを捧げることをします。司祭が好適な聖典のことばをメッセージします。亡き人を荼毘に付し、偲ぶ時を持ちます。クリスチャン葬送電話センターの1日葬は、食卓を囲むプランを用意します。家庭葬は、前夜式と葬送の式を執り行います。美しい生花祭壇を作って、家族や親戚と亡き人をお別れします。宗教者は皆様に寄り添い火葬場に同行します。
 
火葬式で飾るお花は、下記のような花束となります。


一般的な葬礼は職場の同僚や友人を一報します。基督教の葬式で御言葉を宣言する宗教者のご相談のみでも受け付けます。近郊の葬儀社に言入れしているのだけど、司式はしっかりとした司祭に依頼したいという喪主様に。ベテランの音楽家による賛美のお葬式。キリスト者葬礼のメインとなる値段は、宗教者や演奏者への献金、場所使用金額、納骨堂であります。ほねを改葬したい。値段が格安なやり方は?葬礼支援センターでは、お墓のご案内や埋葬もお手伝いさせていただきます。日本のお葬式は、ものすごくコストが嵩むなので注意が必要。

横浜でのキリスト教火葬式にかかる費用の総額

葬儀社料金に、火葬料金と牧師謝礼を加えた金額が、キリスト教火葬の費用の総額となります。

横浜には、4つの公営火葬場と1つの民営火葬場がございます。
 

故人さまが横浜市民の場合、横浜市営斎場の火葬料金は1万2千円です。

久保山斎場:横浜市西区元久保町3番1号
北部斎場:横浜市緑区長津田町5125番地1
南部斎場:横浜市金沢区みず木町1番地
戸塚斎場:横浜市戸塚区鳥が丘10番地の5
 

民営斎場である西寺尾火葬場の火葬料金は、最上等が5万6千円、特別最上等が8万5千円ですが、故人さまの住民票所在地が横浜市にある場合には、横浜市から1万6千円の補助費が支給されます。

最上等とは、同じホールに複数の火葬炉がある場所で、同じ時間に複数のご遺族が火葬前式を行うことがほとんどです。

特別最上等とは、同じホールに2つの火葬炉があり、たいていは1つのご遺族だけで火葬前式を行うことができます。

西寺尾火葬場:神奈川県横浜市神奈川区松見町2丁目418
 

*もしも、火葬式に参列される方の人数が7名以上の場合には、火葬中に休憩室を利用することが求められますので、別途費用がかかります。
 
葬儀業者は、ご遺体の輸送から葬儀場の予約、葬礼の案配まですべて引き受けます。喪主さまは、葬式のすべてを段取りし、コストを負担するという負担のかかる苦労があります。電報サービスは、操作性が良いため、簡便です。クリスチャン式でメモリアル礼拝をしたいけれども、お寺のお墓はどうしたらいいのか?お骨を引っ越したいのだけど、代金が格安な手段は?キリスト教信仰者葬祭支援対応では、納骨堂の手配やお引っ越しもサポートしております。

追加サービス|横浜キリスト教葬儀ガイド

ご希望に応じて、オプションサービスを承ります。

生花装飾の追加

棺の上にお飾りする花束を、十字架花や棺の中をいっぱいにするタイプへ変更することも可能でございます。

+1万5千円

追悼式に使う費用が高すぎるから弔い式に削減したい。1980年代の年代には葬礼の儀式の代金に大金を用いても、近ごろでは変わっている。葬儀社の人間は、ビジネスの対話方法でこちらの災難につけこんでくる。家庭の経済のあり方や宗教事由に応じた告別式をするにはどうしたらいいのか?。付加の必要経費が一切なしで、総じた記念会代金を確認するには?。会社案内をお見送り、便でかかる金額を認識してください。

+3万円

クリスチャン追悼の感想。母上のクリスチャンお見送りを実家にてやりたい、とのお問い合わせを娘から受けました。お先に召されたお父上は熱心に教会に参加されていて、マザーも同伴して聖日礼拝に参加することも何度もあったようです。旦那さまが亡くなってから、熱心に聖書の御ことばを読むようになったとおっしゃっていました。牧師から洗礼を受けたわけではなく、宗教組織に所属していたわけでもないですが、母のために教会のパスターに祈祷していただきたいというご注文を受け、家屋でキリスト教信仰者葬送を執り行わせていただきました。
 
お母様のための基督教告別式を、息子様よりご依頼受けました。85歳の母君は、約四十年前にアメリカで教会で洗礼を授かったそうです。だけれど、帰国後はこの国の教会組織に馴染めず、あまり聖書勉強会へ出席することはしなかったようです。コンディションがひどくなって緩和ケアを受けるようになってから、最期はキリスト教葬儀をやってもらいたいと告げられ、息子様がご遺族を説得したとおっしゃられていました。