横浜キリスト教葬儀ガイドは、キリスト教会の現役の牧師や、キリスト教専門の葬儀社、牧師派遣会社の代表などが共同で運営をしております。

横浜キリスト教葬儀を行う場合の葬儀社や葬儀費用、葬儀式場として利用できる斎場や火葬場を、葬儀業務の経験が確かなクリスチャンのスタッフがご案内させていただくことを目的としています。
 
キリスト者告別式の感想。お母様のためにキリスト教信仰者追悼をご自宅にてやりたい、とのご希望を御令息より受けました。10年前に召された父上は忠実に教会へ行っていて、母もご一緒に教会にいくこともしばしばあったようです。ハズバンドが亡き後、熱心に御言葉を学ぶようになったようです。バプテスマを授かったわけではなく、宗教団体に加入していたということでもないですが、お母さんのために正式な司祭に祈って欲しいとのご要請を受け、家でキリスト教信仰者葬式を執り行わせていただきました。

父君のクリスチャン葬式を、ご令嬢からご希望受けました。95歳でお亡くなりになられたため、親しい方はすでに他界しているということで、家族オンリーでの基督教メモリアル礼拝をご要望くださいました。お父様もご家族も、特定の宗教団体へは入会していないのではありますが、神さまへの信仰はあり、ホームにてご家族と共に聖書勉強や賛美を捧げることがいくえにもあったそうです。父上がイエス様を信じて息を引き取ったために、ファミリーはつらさはおありながらも、神さまの御許に召されたことを確信しているご様子でした。

キリスト教葬送電話対応の葬儀は、聖職者が大切にして用意します。先にキリスト教徒葬式支援センターにご一報ください。召された地域に寝台車でお迎えに行きます。続いて、ご遺族の皆様で棺に納めることを致します。儀式場に移動して、召された方をお送りします。司式者が関係者を道案内します。故人の生涯に思いを巡らしながら、祈りを捧げるようにします。宗教者が適切なバイブルの言葉を告げます。召された方を火葬して、想い出を分かち合います。

基督教葬祭窓口受付の一日葬は、お食事の場所を用意します。家族葬は、前夜のミサと葬送の式をするプランです。美しい生花装飾を制作して、家族で故人様をお見送りします。司式者はご遺族と共に告別の場に同行します。一般的な葬礼は職場の仲間や馴染みの人をご案内します。クリスチャンの葬送でお説教をする宗教者の紹介のみでも可能です。近郊の葬儀会館に依頼しているのだけど、司式は信頼の置けるパスターに依頼したいというご遺族に。プロのバイオリニストによる音楽葬。

葬儀社料金基本パッケージ 横浜キリスト教葬儀ガイド

キリスト教記念会の重要な料金は、神父やオルガン奏者への御礼、式場活用代金、墓所などです。葬儀社は、亡骸の運搬から火葬場の予約、お見送りの予定まで全部担当します葬送の喪主様は、葬礼のすべてを用意し、コストを負担するという大変な役割があります。電報機能は、操作性が良いので、重宝します。基督教式で告別式をしたいけれども、僧院の墓に入れるのか?ほねを移したいが、代金が抑えられる仕方は?キリスト教記念会支援センターでは、お墓の手配や納骨もご協力させていただきます。

上記の値段は、キリスト教式での葬儀を行うために必要最低限の物をセットにした、「キリスト教葬儀ガイド」限定のパッケージ費用です。

キリスト教葬儀を行うために必要な費用は、①葬儀社料金、②式場費用、③火葬料金、④宗教者への謝礼がありますが、葬儀社料金はこの値段でご対応させていただくことができます。

教会員追悼支援受付の密葬は御通夜を省略します。中身はシンプルながらも、牧師が親身になって奉仕します。即座に信奉者葬式サポート窓口に連絡してくださいますように。死亡した地域に運搬車でお迎えに行きます。続いて、遺族の方々と棺に入れることをさせていただきます。火葬する場所に移動して、召天者をお別れします。神父が御遺族をお導きします。息を引き取った生かされた日々に感謝し、お祈りを捧げる時を持ちます。宗教者が似合わしい神さまのことばを告げます。召天者をお見送りして、語り合います。

キリスト教信仰者葬送窓口センターの一日での葬儀は、食卓を囲む機会を設けます。ファミリーでのお葬式は、お通夜と葬儀式を執り行います。美しい生花祭壇を用意して、家族や親戚と逝去した方を偲びます。牧師はご親族と共にお葬式の場に移動します。一般的なお葬式は職場の仲間や友朋を一報します。キリスト教の葬送で司式をする司式者の紹介だけでも受け付けます。周囲の葬儀会社に申請しているけれども、司式は現役の宗教者にお願いしたいという方へ。ベテランのフルートによる演奏。
 
基本パッケージで施工する生花祭壇は、下記の3タイプから1つを選んでいただくことができます。

父親の教会員告別式を、長男様よりご希望仰せつかりました。九十五才でご逝去されたため、姉や妹様はだいぶ前に召天されているので、遺族や親族のみでのキリスト教メモリアル礼拝をご要望くださいました。お父上もご親族も、地域の教会へは属していないのではありますが、神さまへの信仰はあり、ご自宅にてご家族と心を合わせて礼拝を捧げることがたびたびあったようです。ファザーが救い主を信じて息を引き取ったということで、ご一家は傷心はありながらも、神さまの御許に召されたということを信じて委ねているようでした。

マザーのための基督教弔いを、娘よりご依頼いただきました。高齢でおられるお母さんは、おおよそ40年前にアメリカの教会で牧師から洗礼を受けたそうです。だけど、帰国後は和の雰囲気の教会に馴染めず、頻繁に礼拝に通うことはしなかったようです。コンディションが悪くなって入院してから、お葬式はキリスト教葬儀を行って欲しいと希望され、息子様が決断したとおっしゃっていました。

教会員メモリアル礼拝についての口コミ。母親の教会員葬祭を家屋にて行いたい、とのご希望をご長女よりいただきました。先に逝去した父親はよくチャペルに行かれていて、お母さんも同伴して聖日礼拝に行くことも頻繁にあった。旦那さまがご逝去されて、熱心に聖書を学ぶようになったそうです。バプテスマを受けたわけではなく、宗教組織に入会していたわけでもないですけれども、母のために正式な聖職者にお祈りして欲しいというご要請を仰せつかり、住居にてキリスト者葬式を行わせていただきました。
 
火葬式で飾るお花は、下記のような花束となります。

葬礼の儀式に負担する代金が割高であるから、困る。バブルの時世には葬礼の儀式の費用に贅沢を支払えても、現代ではそうではない。葬儀屋の人間は、商売のトークでこちらの悲しみに乗じてくる。所帯の経済の状態や信仰事情に合ったお葬式を行うにはどうしたらいいのか?。付加の費用が不要の、全体の葬式代金を確認するには?。資料を送付してもらい、便でかかる金額を理解してください。御骨を移したい。お値段が少ないやり方は?追悼電話対応では、納骨堂のご案内や建立もお手伝いさせていただきます。日本の追悼の式は、あまりにも値段が高額のために認知されている。

追加サービス|横浜キリスト教葬儀ガイド

ご希望に応じて、オプションサービスを承ります。

生花装飾の追加

棺の上にお飾りする花束を、十字架花や棺の中をいっぱいにするタイプへ変更することも可能でございます。

+1万5千円

キリスト教信仰者葬礼の主な代金は、宗教者や奉仕者への御礼、礼拝堂利用代金、墓所などがあります。葬祭業者は、遺骸の運搬から葬儀場の予約、弔いの申し合わせまで全部請け負います葬送の喪主様は、お見送りのみなを取りまとめ、お金を葬送のというきつい仕事があります。弔文配達は、機能性が良いため、便利です。クリスチャンであります葬礼を行いたいけれども、僧舎の墓は改葬が必要か?ほねを移したいけど、値段が格安な仕方は?キリスト教追悼窓口センターでは、墓地の手配や改葬もサポートしております。

+3万円

葬送にかかる値段が高いので、節約したい。バブルの時代には葬礼の儀式の値段に贅沢を用いても、最近ではそうではない。葬儀業者の人員は、営利目的の話術で私たちの災難に割り込んでくる。こちらのお財布の様相や宗教事情に合ったお見送りを執り行うには何をすればいいのか?。付加のコストが一切なく、トータルの葬式価格を知るには?。葬儀資料を取り寄せて、書面で必要経費を確かめてください。お骨を埋葬し直したい。代金が割安な手段は?葬礼電話受付では、御墓の見積もりや建立もサポートしております。我が国の葬礼は、あまりにもコストが高いのために知られている。

生花祭壇のデザイン変更

生花祭壇のデザインをご変更されたい場合には、ご希望に応じて様々なデザインの生花祭壇をご用意させていただくことができます。

+10万円

クリスチャンお見送り窓口センターの火葬式は半通夜をしません。内容はシンプルながらも、牧師が真心から行います。真っ先にクリスチャン葬り相談窓口にお問い合わせください。召された所に車にて運びに参ります。それから、ご遺族の方々で棺に納めることをさせていただきます。斎場に行って、亡き人をお送りします。奉仕者が御家族をお導きします。故人様の生かされた日々に感謝しながら、祈祷をするようにします。パスターが的確な神さまのことばを告げ知らせます。故人様を告別して、想い出を分かち合います。

キリスト者葬礼サポート受付の1日での葬儀は、食卓を囲む機会を持ちます。ファミリー葬は、通夜の祈りと葬儀式を行います。きちんとした生花を制作して、家族や親戚と召された方を追悼します。司式者は皆様と共に葬儀式場に赴きます。一般葬儀は会社の同僚やフレンドを一報します。キリスト教信仰者の葬送で聖書を語る宗教者の紹介だけでも大丈夫です。近くの葬儀屋に要請しているのだけど、司式は安心できる司祭に頼みたいという方へ。

+15万円

ベテランの演奏者による音楽での告別。基督教葬送のメインとなる代金は、司式者やピアノ奏者への謝礼、場所利用値段、墓地などになります。葬儀屋は、ご遺体の輸送から式典会場の用意、葬式の段取りまですべて行います葬送の喪主様は、告別式のすべてを段取りし、お金を支払うというきつい務めがあります。弔文機能は、扱いやすさが良いので、便利です。キリスト者のメモリアル礼拝をしたいが、お寺の墓石はどうしたらいいのか?御骨を埋葬し直したいけど、価格が格安なやり方は?キリスト者葬送支援対応では、おはかの手配や埋葬もサポートしております。

告別式に使う価格が高すぎるので、下げたい。1980年代の時世には葬送のお金に多額を用いても、当節では変化した。葬儀屋の人員は、商売のトークで人の悲しみにつけこんでくる。所帯の経済の様相や宗教事由に応じた葬儀を執り行うにはどうしたらいいのか?。追加の必要経費が要らない、一切合切の追悼コストを知るには?。書類をお見送り、書簡で必要経費を確認してください。御骨を埋葬し直したい。お値段が少ないやり方は?葬送援助対応では、納骨堂の見積もりや納骨も支援しております。日本での追悼の式は、非常に必要経費が膨らむなので注意が必要。

教会員告別式についての評判。お母様のために教会員葬式を自分の家にて施工して欲しい、というご要望をご令嬢からお聞きしました。お先に他界したお父さんはよく聖日礼拝へ出席していて、お母さんも共に聖日礼拝に行くこともしばしばあったようです。ハズバンドが亡き後、よく聖書の御ことばを勉強するようになったそうです。水の洗礼を授かったわけではなく、宗教団体に入っていたということでもないですけれども、お母さんのために本物の司祭に祈祷していただきたいというご注文を受け、ご自宅にてキリスト教信仰者お見送りを開催させていただきました。

+20万円

横浜でのキリスト教葬儀に飾る生花祭壇で十字架が立てられているデザイン。お母様のためのキリスト教告別式を、ご令嬢からご依頼いただきました。ご高齢でおられる母は、ほぼ40年前にアメリカの教会で教会で洗礼を授かったそうです。しかしながら、帰国してからは日本の教会に馴染めず、さほど礼拝へ参加することは多くはなかったようです。コンディションを崩して緩和ケアを受けるようになってから、お葬式はキリスト教葬儀を行ってもらいたいと告げられ、ご子息が決定したとおっしゃられていました。

横浜でのキリスト教葬儀に飾る生花祭壇のデザインやお見積り。ファザーのための教会員追悼を、ご長女よりご注文いただきました。ご年配でご逝去されたため、親しい方はだいぶ前に他界しているため、遺族だけでのキリスト者追悼をご希望くださいました。ご本人もご子息も、地域の宗教団体へは属していないようですが、イエス様への信仰はあり、ご自宅にてご家族と一緒に聖日礼拝捧げることがいくえにもおありだったとおしゃっていました。お父様がイエス様を信じて息を引き取られたために、お子様たちは哀しみはおありながらも、召天されたことを信じて委ねているようでした。

+24万円

キリスト教信仰者葬祭電話受付の密葬は御通夜をしません。プログラムはシンプルながらも、パスターが寄り添い用意します。まずは信奉者告別サポート対応にご連絡ください。逝去した所に運搬車で運搬に参ります。それから、親族の皆様で棺に入れることをします。遺体を焼く場所に移り、逝去した方をお別れします。司式者がご家族をお導きします。息を引き取った人生に感謝し、祈祷を捧げることをします。司式者が適切な聖典の御ことばを宣言します。召天者を見届けて、追悼します。

横浜でのキリスト教葬儀に飾る生花祭壇の囲みタイプ。キリスト教信仰者弔い窓口受付の一日葬は、食事を共にする機会を設けます。家庭での告別式は、前の夜の式と追悼式を開催します。しっかりとしたお花の祭壇を設けて、家族で亡き人をお別れします。宗教者はご家族と共に斎場に移動します。一般的な葬送は職場の上司や知人をお招きします。キリスト者のお見送りでお説教をする司祭の派遣だけでも対応します。近くの葬儀屋に申請しているのだけれども、司式者はベテランの司祭にお願いしたい方へ。

+30万円

キリスト者メモリアル礼拝の体験談。母のキリスト者弔いを、ご子息よりご依頼受けました。老齢であるマザーは、約四十年前にアメリカのバプテスト教会で牧師から洗礼を授かったそうです。けど、帰国後は日本の教会組織が合わず、さほど教会組織に参加することは多くなかったそうです。コンディションがひどくなって病院に入ってから、万が一の時にはキリスト教葬儀をしてもらいたいと希望され、娘さまが親族で話し合って決めたようです。

横浜でのキリスト教葬儀に飾る生花祭壇の費用やお見積り。お父上のためのキリスト教信仰者メモリアル礼拝を、長男様からご要請受けました。高齢でご逝去されたため、姉や妹様はすでに他界しているため、遺族オンリーでの基督教葬儀をご要望くださいました。お父様もご家族も、特定の宗教団体へは加入していないのではありますが、救い主イエス様への信仰はあり、ご家庭にてご家族と一緒に聖書勉強や賛美をすることがしばしばあったそうです。父親が信仰を抱いて息を引き取られたということで、喪主さまたちは悲しみはおありながらも、天国に召されたことを信じているご様子でした。

母君のための教会員お見送りを、ご令嬢からご希望受けました。八十五才の母は、約四十年前にアメリカのバプテスト教会で教会で洗礼を授かったそうです。でも、帰国後は日本の教会に馴染めず、あまり教会組織に出席することは多くなかったようです。容体が悪化してターミナルケアを受けるようになってから、お見送りの形式はキリスト教葬儀を行ってもらいたいと願いを託され、ご子息が決断したとおっしゃっていました。

キリスト教追悼についての口コミ。マザーのために教会員葬式を家屋でやりたい、とのご注文を御令息からお聞きしました。お先に召された父親はよく聖日礼拝へご出席していて、マザーも同伴して礼拝をすることもよくあったようです。ご亭主が召天されてから、よく聖書を学ぶようになったようです。水の洗礼を授かったわけではなく、宗教組織に所属していたということでもないですけれども、母君のために本物の牧師に祈祷して欲しいとのご希望を受け、ご自宅でキリスト教信仰者メモリアル礼拝を行わせていただきました。

ピアノの生演奏

基本パッケージにはCDで再生する賛美歌の伴奏は含まれていますが、ピアノの生演奏をご希望される場合には、キーボード3万円、電子ピアノ5万円、グランドピアノ20万円にてご対応させていただきます。

楽器の演奏は、音大卒のピアニストが行います。

茶菓・お弁当・仕出し

式の後や火葬中に、参列者の皆様とのご会食を希望される場合には、仕出し屋のお料理やお弁当を手配させていただきます。

カタログをご用意していますので、打ち合わせの時にお決め下さい。

柩車のグレードアップ

基本パッケージには、寝台車の料金が含まれていますが、洋型柩車へのグレードアップを希望される場合には、追加料金5万円で承ります。
ベテランのピアニストによる音楽葬。キリスト教信仰者お見送りの主要なコストは、神父や奏楽者への献金、建物活用費用、墓石ということになります。葬儀業者は、遺骸の運搬から葬祭場の申し込み、葬式の案配まで一切を請け負います。喪主様は、記念会の全てを仕切り、コストを出すという重責のある務めがあります。弔電機能は、操作性が良いため、簡便です。教会員式で葬儀をしたいけれども、寺院のはかに埋葬できるのか?お骨を埋葬し直したいけれども、お金が抑えられるやり方は?キリスト教メモリアル礼拝相談受付では、御墓のご紹介や埋葬もサポートしております。

ご遺体の安置

もしも、故人さまが召されてから葬儀の時までご自宅に安置できない場合には、3日分までは基本パッケージの範囲内ですが、それ以降は1日につき1万円にて承ります。

その他サービス

この他にも、エンゼルケア(お化粧)、移動用のタクシーや大型バスの手配など、ご要望に応じて必要な物をご用意させていただくことができますので、お気軽にご相談くださいませ。
 

葬礼の儀式に使うコストが割高であるために、大変だ。バブルの時世には葬送の代金に多大な金額を用いても、近頃では変わっている。葬祭業者の担当者は、営利目的の話術で人の不幸せにつけこんでくる。世帯の所得の様相や信仰事情に合った葬祭をするにはどうしたらいいのか?。付加の価格が全然なく、総額の葬祭代金を知るには?。書類を要請した、書でかかる金額を認識してください。
 

運営者情報

 
 
関連ページ
 
お客様体験談
 
横浜 キリスト教葬儀 斎場
 
横浜 キリスト教 火葬
 
牧師派遣 横浜